相続・遺言相談
事務所案内

大きな地図で見る

相続・遺言のご相談は
行政書士事務所 九條
〒122-0014
東京都文京区関口1-21-19 九條ビル8F

division_ttl

トップページ » 遺産の分割について

遺産の分割?

お亡くなりになられた方の御遺言があれば、その方の遺志に沿って…というのも一つの方法かと思います。
『相続人は?』 『相続分は?』 『どうやって相続するの?』 『相続した後は?』 左記のお悩みは相談会でよく耳にします。多くの方々が気にされているようです。
相続については、民法という法律で色々と定められています。
民法で定められていますが、何でも法律で決めれば良いということではないとも思います。
『故人様の遺志・これから受け継いでいかれる方々の意思が大切』なように思います。
その大切な意思を証明するのが『遺産分割協議書』というものです。

『主な遺産分割協議書の役割』

no01 個々人の相続分を明確にし、各相続人の意思を明確にしておくことで、後々、争いにしない予防対策となります。
no02 不動産を相続した場合、お亡くなりになった方から、相続された方へ登記の変更手続きをする必要があります。 登記の変更手続きに、遺産分割協議書が必要です。
no03 金銭を相続した場合、金融機関にご自身が相続人であることを証明するために、遺産分割協議書が必要です。

※遺産分割協議書が必要な場面は、上記の場面に限りません。 他の場面で必要になる場合もございます。

相続人の方々で、お話をして頂き、皆様の合意をして頂くことで、故人様の遺志、そして、皆様のこれからの時間が育まれていくと思います。
行政書士事務所 九條では、故人様の遺志、そして、受け継がれていく皆様の意思を、書面にさせて頂くお手伝いをさせて頂きたいと思っております。

お気軽にお問い合わせください。

トップページ » 遺産の分割について