相続・遺言相談
事務所案内

大きな地図で見る

相続・遺言のご相談は
行政書士事務所 九條
〒122-0014
東京都文京区関口1-21-19 九條ビル8F

よくある質問

トップページ » よくある質問一覧 » なぜ遺言が必要なのですか?

なぜ遺言が必要なのですか?

遺言は、民法に定められた制度で、紛争防止のための制度です。

遺言は、『万が一の事態に備えて、ご家族を守るためのメッセージ』『法に従ったご家族への思いやり』といえます。

もし、ご家族に何かしらの不安があり、ケンカをしてほしくない…とすれば、民法に定められた方式に従って、遺言を作成することをおすすめします。

一度、ご親族内で相続に関するケンカが始まれば、その関係を修復することは、なかなか難しいものです。

遺言には、5種類の制度がありますが、一般的には、『自筆証書遺言』と『公正証書遺言』が使われております。遺言種

 

 

 

 



 

 

行政書士事務所 九條では、法律とは、人々の想い・希望を実現するためのものと考えております。

遺言は、大切なご家族への優しさ・思いやり、その想いを伝えるメッセージなのです。

お気軽にお問い合わせください。

トップページ » よくある質問一覧 » なぜ遺言が必要なのですか?